腰痛に悩んだら、腰痛バンクにお任せ!患者満足推進協会が腰痛などに悩む患者さんのためにできること

 
良い治療院にめぐり逢うための「腰痛バンク」
Presented by 患者満足推進協会 
メニュー


<< 腰痛治療を行う場所 >>
整形外科/麻酔科
接骨院/整骨院
整体院
鍼灸・指圧
カイロプラクティック
サロン
クイックマッサージ
骨粗しょう症

骨粗鬆症とは、骨にたくさん穴があいて鬆(す)が入ったような状態になる症状です。このため骨が軽石のようにもろくなり、転んだ拍子に手首や太ももの骨が簡単に折れたり、腰や背中が慢性的に痛むようになります。老人が寝たきりになってしまうのも骨粗鬆症による骨折が原因である場合が少なくありません。骨粗鬆症は、女性に多い病気で、閉経後から年をとるにつれて増加します。 最近ではダイエットなどによるカルシウム不足から、若い女性にも骨粗鬆症の兆候が現れています。若いから関係ないとはいっていられません。

体内のカルシウムの99%は、骨と歯に蓄えられていますが、からだのさまざまな働きに必要なため、血液中にも一定の量のカルシウムが保たれていなくてはなりません。

しかし、食物から充分なカルシウムが補給されず、血液中のカルシウム量が不足すると、骨が溶け出して血液中のカルシウムを補おうとします。この状態が長く続くと、骨粗鬆症になってしまうのです。

骨粗鬆症が閉経後の50歳以上の女性に高い率でみられる原因は、ひとつには女性の骨が男性に比べて細く量が少ないこと。そして、女性ホルモンのエストロゲンは、カルシウムの吸収を助け、骨を強くする働きがありますが閉経後はエストロゲンの分泌が急減するため、骨が保護されなくなり、骨の量が急激に減ってしまうからです。

こんな人は骨粗鬆症になりやすい!

@ 運動不足・運動嫌い
A 陽に当たる機会が少ない
B インスタント食品をよく食べる
C 牛乳・乳製品をとらない
D 魚をほとんど食べない
E ダイエットをよくしていた
F 小柄でやせている
G 閉経している
H 月経不順や無月経
I 手術で卵巣を除去している
J 母親など家族に骨粗鬆症の人がいる
K 大酒飲み
L ヘビースモーカー


 


 


 



ページのトップへ


良い治療院にめぐり逢うための腰痛バンクトップページへ
腰の痛み行き先診断 | 腰痛の種類 | 患者満足推進協会について | サイトポリシー

  Copyright