腰痛に悩んだら、腰痛バンクにお任せ!患者満足推進協会が腰痛などに悩む患者さんのためにできること

 
良い治療院にめぐり逢うための「腰痛バンク」
Presented by 患者満足推進協会 
メニュー


<< 腰痛治療を行う場所 >>
整形外科/麻酔科
接骨院/整骨院
整体院
鍼灸・指圧
カイロプラクティック
サロン
クイックマッサージ
>腰痛バンクのトップページへ > 腰椎脊髄すべり症
腰椎脊髄すべり症

腰椎すべり症は、上下の椎体が前後にずれてしまう病態です。多くは変性すべり症といって加齢とともに脊椎の関節や靭帯がゆるんできて、脊椎をまっすぐ支えられなくなる状態です。

椎骨には椎孔という穴があいており、それが並んでトンネル状になったものが脊柱管と呼ばれ、その中を馬尾がとおっています。したがって、並んでいる椎骨がずれると、その部分は狭くなってしまい、神経が圧迫されます。

腰が曲がっている人の多くが、この状態です。脊柱管狭窄症を合併することがほとんどです。症状は腰痛が最も多く、歩行障害(間欠性跛行)や下肢のしびれが代表的です。

腰椎すべり症は腰椎分離すべり症(分離症を認めるタイプ)と腰椎変性すべり症(分離症を認めないタイプ)とに分かれます。病態メカニズムは分離症の有無にかかわらず、腰椎症性変化(年齢的な変化)が基盤となって、年とともに変性が進行し、次第にすべり症が発生すると考えられます。尚、「症状」と「すべりの程度」との間に相関関係はありません。すなわち、レントゲンですべりの程度が大きいから、症状がひどいと言う事にはなりません。

腰椎分離症の30%程度に腰椎分離すべり症が発生すると考えられています。多くは第5腰椎に好発します。若い頃は無症状に経過しますが、腰椎症性変化が出現する中高齢者になって腰痛などの症状を訴えます。

腰椎変性すべり症
は腰椎症性変性が基盤となって発生します。しかし、「年齢」、「症状」、「すべりの程度」との間に相関関係は認めません。すなわち、年を取るにつれて、すべりの程度が進行し、症状が悪化すると言うものではありません。腰椎変性すべり症は女性の高齢者に好発し、第4腰椎によく認められます。症状は腰痛が主ですが、時に、腰神経根や馬尾が圧迫されて根性坐骨神経痛や間欠性跛行を認める場合もあります。


 


 


 



ページのトップへ


良い治療院にめぐり逢うための腰痛バンクトップページへ
腰の痛み行き先診断 | 腰痛の種類 | 患者満足推進協会について | サイトポリシー

  Copyright