腰痛に悩んだら、腰痛バンクにお任せ!患者満足推進協会が腰痛などに悩む患者さんのためにできること

 
良い治療院にめぐり逢うための「腰痛バンク」
Presented by 患者満足推進協会 
メニュー


<< 腰痛治療を行う場所 >>
整形外科/麻酔科
接骨院/整骨院
整体院
鍼灸・指圧
カイロプラクティック
サロン
クイックマッサージ
腰椎脊髄分離症

腰椎分離症は腰椎の骨の一部が離れてしまうもので、腰椎が不安定になって、神経を刺激して腰痛の原因になることがあります。腰椎は、前半分の椎体(ついたい)と、後ろ半分の椎弓(ついきゅう)からなります。椎体と椎弓の間には椎弓根(ついきゅうこん)があります。腰椎分離症は椎弓の部分で腰椎が分離してしまう病態です。ほとんどは子どものころにスポーツなどで繰り返し負荷がかかったために、疲労骨折を起こしたものと考えられていますが、すべての人が分離症になるわけではなく、体質的な要素もあります。腰椎は、正常では軽く前方に弯曲(わんきょく)しています。下の腰椎は、椎間板(ついかんばん)や椎間関節によって、すぐ上の腰椎がずれないようになっていますが、椎間関節の形や椎間板の変性によって上の腰椎を固定しにくくなり、ずれが生じます。これを「腰椎変性すべり症」といいます。

一方、腰椎分離症でも下の腰椎がすぐ上の腰椎を制動することができなくなり、ずれが起きます。これを「腰椎分離すべり症」といいます。両者とも、すべってずれが大きくなると、神経を刺激したり圧迫するようになります。

最も多い症状は腰痛です。長時間の立ち仕事や、同じ姿勢を続けたり重労働のあとに痛みが強くなります。鈍く重い痛みで、体を後ろに反らせると痛みが強くなります。また、脚の痛みやしびれが出ることもあります。すべりが強くなると脊柱管(せきちゅかん)が狭窄(きょうさく)し、腰部脊柱管狭窄症の症状である間欠性跛行(かんけつせいはこう)が出ます。

保存治療には、装具療法、薬物療法、理学療法、ブロック治療などがあります。
保存治療の基本は安静で、コルセットを装用して動きを制限することもあります。
薬物療法では、疼痛に対して消炎鎮痛薬や筋弛緩(しかん)薬を用います。そのほか、神経の修復を助けるために神経賦活(ふかつ)薬や末梢循環改善薬なども用います。

理学療法では、温めることで末梢の血液循環がよくなり疼痛が改善するので、温熱療法も用います。
やや特殊な方法として、神経に局所麻酔薬を注射する神経ブロックがあります。神経ブロックは初回は治療的な意味もありますが、現在の痛みが確かに腰の神経が圧迫されて生じているためであるという診断的な意味でも用いられ、その他の腰痛を来す内臓疾患との鑑別に用いられます。

これらの保存治療でも症状が改善しない場合は手術療法が行われます。腰椎分離症には、分離部の固定術が行われます。腰椎すべり症では、すべっている椎間の固定術を行います。固定術は骨盤などから自分の骨を移植する場合と、人工骨を用いる場合があります。また症例によっては、固定の補助として金属製の器具を使う場合もあります。


 


 


 



ページのトップへ


良い治療院にめぐり逢うための腰痛バンクトップページへ
腰の痛み行き先診断 | 腰痛の種類 | 患者満足推進協会について | サイトポリシー

  Copyright