腰痛に悩んだら、腰痛バンクにお任せ!患者満足推進協会が腰痛などに悩む患者さんのためにできること

 
良い治療院にめぐり逢うための「腰痛バンク」
Presented by 患者満足推進協会 
メニュー


<< 腰痛治療を行う場所 >>
整形外科/麻酔科
接骨院/整骨院
整体院
鍼灸・指圧
カイロプラクティック
サロン
クイックマッサージ
変形性腰椎症

腰椎は、背骨のうちで腰の部分を構成する骨で、5つの椎骨(ついこつ)からなります。上から第1腰椎、第2腰椎と呼び、いちばん下が第5腰椎です。それぞれの間には椎間板(ついかんばん)が挟まっていて、クッションのようなはたらきをします。年をとると椎間板が変性して、その弾力性が失われ、クッション作用が弱くなります。

その結果、椎骨同士がぶつかったり、椎間関節がすり減ったりすると、椎骨は刺激されて骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨の突出ができたり、椎骨の並びにずれが生じて変形します。これが変形性腰椎症です。原因は、腰椎における年齢的な変化で、その主因は椎間板の変化です。椎間板は車のタイヤのような役割をしていますが、これが変性を起こすと、タイヤの空気圧が減ったような状態になります。この状態で腰椎にいろいろな運動が負荷されると、その他の部分に生理的範囲を超えた負荷が加わるようになります。
主な症状は腰痛です。腰の骨に変形が起こると姿勢が悪くなります。椎間板が左右非対称に変形・変性したり、椎骨自体が左右非対称に変形することがあります。腰椎は、正常では軽く前方に弯曲(わんきょく)していますが、変形によって後ろに曲がって後弯(こうわん)(いわゆる腰曲がり)になったり、側方に曲がって側弯(そくわん)が起こります。

しかし、変形があっても痛みがなければ、とくに問題はありません。
腰椎X線検査で加齢的変化がみられれば、変形性腰椎症と診断できます。しかしその場合は、前述した椎間板ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきゅさくしょう)、変性すべり症などがないことを確認します。

腰痛以外の症状(脚の痛みやしびれなど)が出る場合は加齢的な変化が基盤になっており、変形性腰椎症の範疇(はんちゅう)に入りますが、原因がはっきりすれば、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症と診断されることもあります。椎骨のずれがある場合は、変性すべり症と診断されることもあります。
治療の基本は痛みに対する対症療法で、日常生活に支障を来さないようにします。対症療法では腰椎の変形や変性を治すことはできませんが、老化が原因で起こっている疾患なので、手術が必要になるようなことはあまりありません。


 


 


 



ページのトップへ


良い治療院にめぐり逢うための腰痛バンクトップページへ
腰の痛み行き先診断 | 腰痛の種類 | 患者満足推進協会について | サイトポリシー

  Copyright