腰痛に悩んだら、腰痛バンクにお任せ!患者満足推進協会が腰痛などに悩む患者さんのためにできること

 
良い治療院にめぐり逢うための「腰痛バンク」
Presented by 患者満足推進協会 
メニュー


<< 腰痛治療を行う場所 >>
整形外科/麻酔科
接骨院/整骨院
整体院
鍼灸・指圧
カイロプラクティック
サロン
クイックマッサージ
>腰痛バンクのトップページへ > 腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニア

腰椎の椎間板は椎骨と椎骨の間にあってクッションのような役割をしています。この椎間板は真中に位置した柔らかいゲル状・半液状の髄核と、その周辺を取り囲んでいる線維輪とで構成されています。

椎間板ヘルニアとは髄核が後方へ移動し、脊柱管内に飛び出た状態を言います。ちょうど、両手で饅頭をつぶすと、真中にある「あんこ」が周りに移動した状態を思い浮かべて下さい。その飛び出たヘルニア(あんこ)が神経を圧迫して、腰痛やお尻の痛み、足先に放散する痛み、シビレ、足に力が入らなくなった状態(いわゆる根性坐骨神経痛)を腰椎椎間板ヘルニアと言います。人口の1%程度に認められ、20〜40歳代に多く、男性が女性より2〜3倍多く、原因は、加齢的な変化(腰椎症性変性)に加え、軽微な外傷(捻挫や打撲など)や長時間一定の姿勢を強いる作業、スポーツ傷害などが誘因となって発生します。中には、重いものを持った際や「くしゃみ」などをきっかけに発症することもあります。最近の調査では、遺伝的要因や喫煙が腰椎椎間板ヘルニアの発生に大きく影響していると考えられています。好発部位(起こり易い部位)は第4腰椎―第5腰椎と第5腰椎―第1仙椎間の椎間板です。

症状は腰痛やお尻の痛み、足先に走る痛み、シビレ、間欠性跛行(数10m〜数100m歩くと足に痛みやシビレが現れ、休憩を必要とする状態)などです。さらに、進行すると運動麻痺が現れて足に力が入らなくなったり、直腸膀胱障害(尿や便の排出に異常を来たす状態)が出現します。

診察ではSLR テスト陽性(仰向けの状態で膝を伸ばして足を持ち上げると、痛みのために足の挙上が困難となる状態)や腱反射異常、知覚障害、筋力低下などを認めます。レントゲン検査では椎間板の狭小化(椎間板がつぶれて、狭くなった状態)を認めます。診断は診察所見とレントゲン所見で容易ですが、確定診断としてMRIや脊髄造影、椎間板造影、神経根造影などが必要となります。時に、梨状筋症候群や腫瘍との鑑別(見極め)が必要な場合もあります。


 


 


 



ページのトップへ


良い治療院にめぐり逢うための腰痛バンクトップページへ
腰の痛み行き先診断 | 腰痛の種類 | 患者満足推進協会について | サイトポリシー

  Copyright